スポンサーリンク

【疲れないカラダ】を読んでみた感想と実践したこと。~睡眠編~

生活の知恵

現代社会は、お疲れモードな人が多くいます。

また、身体の疲れに気付かずに日々過ごしている人もいるのではないでしょうか。

身体の疲れや心の疲れは、自律神経に関係しています。

そのことを詳しく書いてある本【疲れないカラダ】を読んで、とっても勉強になったので紹介していきたいと思います♪

  • 最近疲れやすい
  • 眠れない
  • 気分が落ち込む
  • 食生活を見直したい

上記悩みを抱えてる人にお勧めです。

今回は、私が実践した睡眠の方法をお伝えしていきます。

疲れないカラダ

 

私はセブンイレブンで購入しました。

主な内容としては、疲れない身体を維持していく為の健康法が書いてあります。

食事の見直しや、日常生活の見直しなど、沢山の情報が事細かに書かれています。

自身にあった方法を見つけやすく、実践も簡単にできるという印象を受けました。

 

寝るときは心臓から下を温めて手は冷やす

 

RitaE / Pixabay

 

疲れないカラダの表紙に書いてある『心臓から下を温めて手は布団から出す!』を実践してみました。

手が温かいと交感神経が働いてしまうそうです。

交感神経とは自律神経が活動モードになっている状態で、睡眠をしようとしている時に交感神経が働いてしまっては熟睡ができません。

心臓から下を温めて手は布団から出すことで、交感神経とは逆の働きをする副交感神経が働きます。

その為、熟睡ができ疲れが取れやすいのです。

また、寒いからといって厚着をしてしまうと体に負担が掛かります。

寝具はなるべく厚手じゃない素材を選びましょう。

上記の件が分かり、早速実践をしてみることにしました。

実践をして一週間くらいでしょうか。

睡眠の質に変化が訪れました。

 

寝起きのだるさがなくなった

 

私はとっても寝起きが悪くて、朝目が覚めてもなかなか起き上がることができないんですね。

低血圧も手伝ってか、本当に朝は苦手なんです(^^;

ですが、心臓から下を温めて手は布団から出して寝てみたところ、朝の目覚めが良くなりました。

続けていくうちに睡眠の質も良くなり中途覚醒が減り、短時間でもぐっすり寝たようなすっきり感がありました。

私は中途覚醒も多かったので、この方法には本当に助けられたと思っています。

 

足が冷えるときはレッグウォーマーで足首を温める

 

markusspiske / Pixabay

 

女性の敵ともいえる、手足の冷え。

冷えが辛くてなかなか寝付けない女性も多いのではないでしょうか。

私も足の指先が痛いほどに冷たく冷えてしまい、眠るまでに時間を要することが多々ありました。

足を温める為に靴下を履いて寝たこともあるのですが、実はこれは間違っているそうです。

本書によると、靴下を履いて寝ると足からの放熱が妨げられてしまい、その結果身体内部の温度が下がりにくくなってしまうそうです。

その為、逆に寝つきが悪くなってしまい、良質な睡眠を妨げる原因に!!

そこで役立つのがレッグウォーマー。

レッグウォーマーを履くことで、全身の血行促進に効果があります。

足首だけを温めているので、足裏からの放熱もバッチリできます。

 

足の冷えが気にならなくなった

 

実際にレッグウォーマーを履いて寝てみたところ、いつもより足がキンキンと冷えていないことに気付きました。

寝る直前からレッグウォーマーを履き、全身の血行を良くしておきます。

すると、布団に入るころには足の冷えが気にならなくなります。

いつもよりポカポカと暖かい感じで、寝つきの悪さに悩んでいた私がすんなりと眠れるようになりました。

遠赤外線で温める機能性の高いレッグウォーマーや、デザインが可愛いレッグウォーマーなどが沢山あるので、お好みでレッグウォーマーを探してみても楽しそうですね。

 

 

冷え性と聞くと女性の方がその症状に悩まされている印象を受けますが、男性も冷え性に悩まされている方が多くいます。

男性用のレッグウォーマーもあるので、睡眠の質を上げる為に試してみてはいかがでしょうか。

 

 

まとめ

 

疲れないカラダを読んで、睡眠から変えていこうと思った私は、紹介した二つのことを実践しています。

難しいことや継続しにくいことを始めると逆にストレスになってしまうので、ずぼらな私にはとってもやりやすいです。

冊子の中は分かりやすいレイアウトで、難しいことは書いてありません。

小学校高学年から中学校くらいのお子さんでも、内容を理解できると思います。

日々お疲れの皆さんも、是非自律神経の乱れを整えることから始めてみてはいかがでしょうか?

 

 

次回は食事編について書いていきたいと思います♪

 

にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました