スポンサーリンク

11/8はいい歯の日!!正しい歯磨きで虫歯知らずに!!

虫歯予防は歯ブラシを取り替えるタイミングが大切生活の知恵
phot AC

11/8は『いい(11)は(8)』の語呂合わせで、日本歯科医師会が制定したいい歯の日です。
普段使ってる歯ブラシ、歯茎の状態や歯の状態、口の大きさに合っていますか?
いい歯の日にちなんで歯ブラシを見直し、虫歯知らずを目指しましょう!

スポンサーリンク

虫歯知らずを目指すなら歯ブラシの選び方が重要

虫歯予防のために歯ブラシの硬さをチェック

虫歯知らずで健康的な歯を保つためには、歯ブラシの選び方が重要です。
歯ブラシは、ふつう・やわらかめ・かための3つの硬さが選べます。
歯ブラシの硬さは自身の歯の状態に合わせて選ぶと良いでしょう。
以下で、歯ブラシの硬さと選ぶ際のポイントをご紹介します。

ふつう

歯垢を落とすのにオススメです。
歯垢が気になる人はふつうの歯ブラシを選び、歯茎が傷つかないように優しく磨きあげましょう。

やわらかめ

歯茎が柔らかい、もしくは歯肉炎で出血しやすい人にオススメです。
歯ブラシで歯茎を傷つけないために、優しく磨き上げましょう。

かため

歯を磨く際に、手に力を入れない方にオススメです。
歯茎が傷つかないように磨きたい人にも◎

虫歯を防ぐ!歯ブラシの替え時

虫歯予防は歯ブラシを取り替えるタイミングが大切

虫歯を防ぐために、歯ブラシは日ごろから清潔に保ちたいですよね。
歯ブラシには雑菌が繁殖するため、長期使用はオススメできません。
歯ブラシは、一ヶ月に一本のペースで交換しましょう。

歯ブラシの毛先が開いてきたり、ナイロン製の透明な歯ブラシが白く濁って見えるようになってきたら、取り替えのサインです。
歯ブラシを使用した後は水気をよく切り、清潔に保ちましょう。

虫歯を防ぐためには、歯ブラシの見直しがとても大切です。
今使っている歯ブラシの状態を把握し、古くなっていたら直ちに交換しましょう。

歯磨きの見直しをして虫歯ゼロ!正しい歯磨きの仕方

虫歯を予防する正しい歯磨きの仕方

いつも行う歯磨きだからこそ見直しが必要です。
歯ブラシの際に力強く磨くと、歯茎が傷付いてしまいます。
歯の外側は歯と歯ブラシが垂直になるように立て、小刻みに磨いていきましょう。
1本の歯に対して30回程度が理想です。

一番奥の歯は、歯ブラシの毛先を使って磨きます。
歯と歯の間には、歯間ブラシやデンタルフロスを使いましょう。
歯の間に食べカスや歯垢があると、虫歯の原因になってしまいます。
それだけでなく、歯槽膿漏や口臭の原因にもなりかねません。
定期的に歯間ブラシやデンタルフロスで、歯間のお手入れをしましょう。

また、定期的に歯医者へ行き歯の状態を知ることも大切です。
歯の定期健診を行っている自治体もあるので、お住まいの自治体で確認してみてはいかがでしょうか?

歯ブラシのかたさも自身の歯の状態に合っているかを確認し、歯や歯茎に強い刺激を与えないようにしましょう。
毎日の歯磨きだからこそ、自身に合った歯ブラシを使いたいですよね。

虫歯とさようなら!いい歯の日に歯ブラシをチェックしよう

歯ブラシを正しく選び虫歯のない女性

11/8はいい歯の日なので、歯磨き週間を見直すいいきっかけになりますね。
歯ブラシや歯の磨き方を定期的に見直すことで、虫歯のない美しい歯が持続します。
いい歯の日以外でも毎日歯の状態を観察し、健康的な歯を目指していきましょう。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 江戸川区情報へ
にほんブログ村

江戸っ子散歩 - にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました