6437364 / Pixabay

やっとみかんが美味しい季節になり、スーパーでもよく見かけるようになりましたね。

ところで皆さんはみかんを食べ終わったら皮はどうしていますか?

実はみかんの皮にはとっても素晴らしい使い道があるんです♪


みかんの皮で手作り漢方

stevepb / Pixabay

みかんの皮は陳皮“ちんぴ”という名前の漢方薬として使われています。

陳皮はみかんの皮を干した状態のもので、食欲不振や嘔吐などの症状に使われています。

また、血圧を降下させる作用もあります。

陳皮の作り方

ulleo / Pixabay

食べ終わったみかんの皮を、ザルや網などに広げます。

皮がカリカリになるまで日陰で干しましょう。

乾燥したみかんの皮は、少し大きくなります。

乾燥したら、密閉ができる容器などで保存しましょう。

陳皮を食す

pixel2013 / Pixabay

急須などに陳皮を入れ、お湯を注げばお手製陳皮茶のできあがりです。

みかんの味はしないので、はちみつを入れるなどして飲みましょう。

体がぽかぽかしてきます。

また、細かく刻んだりフードプロセッサーで粉々にすれば、料理やお菓子作りの香りづけとして使うことができます。

陳皮をお風呂に入れる

ivanovgood / Pixabay

先ほどの陳皮は、おふろに入れても効果的です。

リラックス作用や血行促進につながるので、冷え症予防に効果があります。

柑橘系の香りは疲労回復にもつながります。

陳皮を肥料にする

Free-Photos / Pixabay

みかんの皮は栄養素が沢山含まれているため、肥料として再利用することができます。

陳皮を細かくして土の上にまぶしたり、土の中に混ぜましょう。

柑橘系の香りは虫が嫌うにおいなので、害虫対策にも役立ちます。

お掃除に

mohamed_hassan / Pixabay

みかんの香り成分であるリモネンには、油分を溶かす作用があります。

ガスコンロにこびりついた油汚れや、壁についた油汚れなどに、みかんの皮(オレンジの部分)をこすりつけてみてください。

軽い汚れなら、すぐに落とすことができます。

また、ドアノブや冷蔵庫の持ち手の部分に付着している手垢なども、みかんの皮ですっきりお掃除しましょう。

これから年末の大掃除が待っているので、みかんを食べ終えたら、気軽に掃除を始めてみてはいかがでしょうか。


いかがでしたでしょうか。

みかんの皮ってとっても優秀なんですね♪

今日から健康を意識して、手作り陳皮を作ってみてはいかがですか( ^ω^ )?

またお掃除にも役立つので、みかんを食べた後はお部屋のお掃除をするというルールを作れば、お部屋が毎日綺麗な状態で保たれそうですね。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 江戸川区情報へ
にほんブログ村