スポンサーリンク

秋の味覚 きのこを積極的に食べて健康に過ごそう

生活の知恵
stevepb / Pixabay

秋と言えばきのこが美味しい季節ですよね。

そこで、きのこの栄養素とその効果について紹介していきます。

秋の味覚であるきのこを楽しみながら、健康面にも配慮しませんか?

スポンサーリンク

きのこは気軽に買える食べ物

きのこはスーパーや八百屋さんで、一年中手に入りますよね。

価格の変動が大きくなく手軽に買うことができるので、きのこは気軽に買える食材です。

また、調理方法は至ってシンプルなので、気軽に食卓に並べることができるでしょう。

このように、1年を通して価格変動が少なく調理方法がシンプルなことから、多くの家庭できのこは大活躍していますよ。

きのこの栄養素

きのこには栄養が豊富に含まれています。

そのため、毎日の食事に取り入れてみてはいかがでしょうか?

きのこの栄養素を紹介するので、足りない栄養を補い健康に気を遣いませんか?

きのこの栄養 ビタミンD

きのこには、ビタミンDが豊富に含まれています。

ビタミンDの働きはカルシウムの吸収を助け、肥満およびがんの予防・骨粗しょう症に予防効果があると言われています。

増大した肥満細胞を正常な肥満細胞にするので、ダイエットにも期待ができます。

きのこの栄養素で病気予防に役立つどころか、ダイエットにも期待ができるってことですね。

きのこの効果 食物繊維

きのこはコレステロールを下げるので、動脈硬化や高血圧の予防にも効果があります。

大腸がんや、便秘の予防にも期待ができます。

食物繊維と聞くと、お通じに効果がある印象ですよね。

このように、きのこの食物繊維はお通じだけでなく病にも効果があるんです!

きのこの効果的な食べ方

きのこの栄養素をさらに高めるために、調理法を工夫しましょう。

ひと手間加えるだけで、より効果に期待ができるのではないでしょうか?

きのこの種類を組み合わせる

基本的にきのこはどの種類も栄養素が豊富ですが、種類によっては栄養素や特徴が異なります。

数種類のきのこを組み合わせて食べることで、より効果的な栄養素を摂取することができます。

バター炒めやホイル焼き・お鍋など、きのこを組み合わせた調理法は豊富にありますよ。

冷凍保存

きのこを冷凍すると、栄養分が出やすくなります。

きのこのうまみ成分『グルタミン酸』も増えるので、美味しさが増します。

きのこの冷凍方法は、小分けにカットしてジップロックなどの保存袋に入れます。

石づきがあるものは取り除きましょう。

お好みのきのこを混ぜ合わせて、ミックスきのこにすると便利ですよ。

きのこの加熱は短時間で

きのこは短時間の加熱で有効成分が摂りやすくなります。

加熱時間に注意して、きのこの有効成分を摂取しましょう。

きのこを食べて心も体も健康に

病気の予防ができてデトックス効果もあるきのこは、健康だけではなく美容効果も期待ができそうですね♪

美容効果が現れたら、心も幸せな気持ちになりますよね。

毎日の食卓にきのこをプラスして、健康的な食事を心がけませんか( ^ω^ )?

健康的な食事は、体だけでなく心も健やかになりますよ。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 江戸川区情報へ
にほんブログ村

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました